1. ホーム
  2. 経理の勉強
  3. ≫英文簿記会計の資格で転職に有利に

英文簿記会計の資格で転職に有利に

Pocket

英文会計経理に関する仕事の転職に有利になる、スキルアップとしておすすめなのが英文簿記の資格です。

グローバル社会と言われる現在では、企業の大小、業種を問わず、海外の企業と直接取引をする会社も増えています。

海外展開する企業では、国際間の経営状況の資料作成から分析、比較まで英語を使用する機会が増えているといわれています。

ですから国際会計スキルを身につけることで、こういった企業から求められるような人材になるチャンスが広がり、転職に有利に働く可能性も高くなります。

英文会計簿記(国際会計資格)は本当に必要?

年々企業の国際化は進んでおり、特に外資系企業では将来的に国際会計基準である英文会計簿記が導入されるでしょう。

確かに一般企業でも、今の国内取引だけの場合では、国際基準の経理知識はそれほど必要性を感じません。

しかし、小規模経営の会社であっても、優れた技術が認められれば、海外からのオファーがくる機会が増えます。
そうなると、海外との英語で取引する会計・経理処理をどうすればいいだろうか、という問題が出てくるのです。

数十人の小規模企業でも、すでに国際会計基準に沿った経理処理をしている会社があるのが現実です。

こういったとき求められるのが国際会計簿記(英文会計簿記)の知識を持った人材なんです。

英文簿記資格の種類

BATIC
(国際会計検定)
東京商工会議所主催の検定試験で、「英文簿記」「国際会計理論」の2科目からなり、試験結果は合否ではなく、スコアで採点される為に次の目標を立てやすく、スキルアップとキャリアチェンジに大変有効となります。
U.S.CPA
(米国公認会計士)
BATIC検定から、レベルアップして資格取得にチャレンジする人も多く、アメリカの資格であっても、日本のみならず世界の様々な業種・職種で就職、転職、キャリアアップ、異業種へのチャレンジに取り組むエキスパート達の目指す資格となっています。
その他の資格 USGAAP(米国会計基準)、IFRS(国際会計基準)

一般的なのはBATICです。

BATICのメリットは日商簿記との親和性が高いと言われており、日本企業に合った資格です。

BATICは合格・不合格では判定するのではなく、TOEICのようにスコアで実力を図る検定になっています。(点数式)

英語のレベルと勉強方法

BATICを例に挙げると、一般的な大学の英語力があれば理解できる内容です。

また、「国際コミュニケーションのための英文会計テスト」と言われるように英語でのコミュニケーション能力も必要となります。

しかし、英語だけできても会計(経理の仕組み)が理解できないと、何のことやらサッパリ分からないことが多いです。

簿記の知識がある人でないと、難しいです。

実際高得点を取っているのは「日商簿記2級&英検2級&TOEIC700点以上」のような簿記も英語もできるという人が多いです。

こう聞くと超難関資格のように感じますが、もちろんこれ以上でなければ受からないというわけではありません。

簿記2級ができていれば英語のスキルは高くなくても大丈夫です。
専門の英語しか使わないためそこまでのスキルは求められません。

独学での勉強方法

英文会計簿記
英語が必要だからと、英語と簿記(経理)と別々に独学するのではなく、BATIC専門講座での勉強をおすすめします。

しかし、専門講座になりますから、ある程度の経理におけるスキルと英語能力は持ち合わせていることが条件になるでしょう。

英語会計簿記ができればどんな企業への転職可能性が広がるか

現在では、貿易商社や国際営業部を持つ企業、国際会計事務所、大規模監査法人などへの就職を視野に入れて、大学で経済学を学び、在学中にBATIC検定を受験する人も出てきました。

現在の経理では物足りないと思われている方やもっとスキルアップして転職を視野に考えている人には、この国際会計(英文簿記)にチャレンジすることをぜひおすすめしたいです。

外資系企業や国際商取引のある企業への転職には有利となってきます。

参考:大企業の経理職への転職に強いエージェント

Pocket