1. ホーム
  2. 経理の仕事について
  3. ≫経理職は家事や育児と両立しやすいのか

経理職は家事や育児と両立しやすいのか

Pocket

経理の仕事には繁忙期があるのが一般的です。

毎月、月末や月初には残業がどうしても発生してしまいます。

他の職場でも多少の多忙な時期はありますが、経理のように忙しい時期が明らかになっているのは珍しいのかもしれません。

では、経理は家庭と両立して共働きをする仕事は働きやすい仕事なんでしょうか?

育児との両立

家庭の協力

結婚以前も経理で仕事をしており、家族を持ちながら夫の協力が得られる環境であれば経理のみならず、どのような職業でも共働き・仕事と家庭の両立は可能でしょう。

結婚したから、家庭があるから、例えば妊娠したから、という理由で経理の仕事に言い訳が必要な失敗や迷惑をかけるようならば、両立とは言えません。

家庭は家庭、仕事は仕事と公私の区別が必須なのは社会人として当たり前と言えるでしょう。

仕事をしたい、好きな経理の仕事を続けたいと思って仕事に取り組んでいけば、結婚して両立しなければならない状況になっても、必ずや家族(夫や親)の協力は必要になってくると思います。

繁忙期には家族の協力がどうしても必要になる

兼業主婦
経理の業務に繁忙期があり、残業が続くこともります。

しかしハッキリ繁忙期の分かる仕事は、家族の協力を得るには好都合ですよね!

日々の経理の仕事は、現在会計ソフトへの入力や通信システムによってかなり軽減していますし、通常日はノー残業も多くなっていますが、月末・月初・事業計画(予算)・決算時期などは決まったように残業が多くなり、忙しくなります。

忙しい時期は一年を通して分かっているので、スケジュールを立てやすいんです。

この忙しい時期を家族で、協力しあって乗り越えればなんとかなる!ということです。

会計事務所の仕事はどう?

会計事務所では、税法に則って企業の会計指導、経営管理、税務処理、指導が主な業務となり、その業務にプラスして経理処理が出来ない会社の経理代行、会計ソフト入力業務などとなります。

企業に出向いての税務相談や会計指導、経営管理などの業務を行うのは公認会計士の資格を持つ「先生」になります。

会計事務所の中で経理業務の代行を行うのが、主に女性の経理経験者やパート社員です。

では、会計事務所では主婦は働きやすいのでしょうか?

家庭との両立しやすいのは?

家庭と両立するなら、会計事務所や税理士事務所での事務社員かパート契約社員、もしくは企業内での派遣がおすすめです。

会計事務所・税理士事務所は未経験でも採用される可能性もありますが、会計事務所は事務所によって忙しさにかなり差があるので、求人に応募する際にきちんと見極めることが大切です。
また、閉鎖的な空間での

会計士の方のやり方や人間性に働きやすさが左右されてしまう部分があります。

派遣は、大企業では即戦力が求められるため経験者でないと仕事を紹介してもらえない場合が多いですが、一般事務や雑務の仕事寄り、中小企業の未経験OKの仕事も多くあります。
また、派遣は派遣元の会社が社会保険や有給、育休などの福利厚生がしっかりしている困ったことは派遣会社に相談できるというメリットがあります。

派遣についてのメニューはこちら

会計事務所

派遣やパートであれば残業が少なく働ける職場に出会いやすい

一般的に派遣やパートであれば、残業はないor少ないという職場がほとんどです。

派遣であれば「残業なし、月に○時間未満」という条件の仕事を紹介してもらえばよいので分かりやすいですよね。
パートでも応募の時に聞いておくなどしておいた方が良いでしょう。

企業の経理で、結婚前同様の業務に就き、より経験を積んで任せられる仕事を多くしたいと願う人には、企業で経験を積みスキルアップしていくことが期待できます。
家庭との両立は一人でではなく周りの協力があってこそで、無理せず家族に協力を求めることが長く勤めるために一番大切なことです。

合わせて読みたい関連記事

  • 主婦が再就職で経理職に就くには
  • 経理の給料、残業、繁忙期は?
  • 経理の派遣について【仕事内容は?時給は?】
  • 【転職成功体験談】未経験のシングルマザーで大企業の経理購買部へ転職しました
  • 経理の転職に有利な資格は?
  • Pocket