1. ホーム
  2. 未経験者から経理職に
  3. ≫経理の転職に有利な資格は?

経理の転職に有利な資格は?

Pocket

お金経理の転職に一番有利になる資格と言えば、間違いなく簿記でしょう。
簿記は経理、いわゆる「会社のお金の仕組み」を知るための道しるべとなるものです。

簿記ならば、最低でも2級以上取得していないと、転職に有利にはなりません。

簿記の資格がある人とない人が一緒に働きはじめたら

たとえば資格が無い人と持っている人が同期入社して、同じ経理に配属されたとします。

実務経験は無いけれど、簿記の資格取得時に勉強しているため、先輩が仕事の指導をする時に使う専門用語が、何を意味しているかが理解できます。
そうなると、少しずつ経理の仕事に入っていくことが可能となります。

しかし、簿記に触れたことのない社員の場合は、すべてが初めてですから、意味を一つ一つ聞きながら出来る事しか始められません。

スタート時から差が付いていることになるのです。

そもそも採用の時点で簿記の資格を持っている人といない人が同時に応募してきたら、持っている人の方を採用したいと思うでしょう。
持っていないよりは持っていた方が確実に有利であるといえる資格です。

パソコン関係の資格も有利に

パソコン
現在、経理もIT化の進行により、以前より省力化、簡素化が進み業務自体が軽減されています。手書きでの伝票作成や記帳が無くなり、ほとんどの業務が専用会計ソフトを使用することで解消されつつあります。

このように、専用ソフトの操作や会計の入力、銀行管理などもWeb上で処理できるようになると、情報処理関連資格を持っていることでより力を発揮できるでしょう。

現在、パソコンは誰でもが操作できるものになりました。しかし、より専門的に計算処理能力があるとすれば、経理として数字を処理するのみでなく、分析、予測、計画で必要な正確な数字を示すことが出来るようになります。

経理に必要なスキルは?

では、資格以外にどのようなスキルが必要でしょうか?

他の職種にも言えますが、経理でもコミュニケーション能力はたいへん大切になってきます。

会社のお金を扱っているので、何もしなくても経理にお金は自然に集まってくるものと考えがちですが、それは一方通行の傲慢な考え方なんです。

それでは他部署との繋がりがうまく機能しなくなってしまうのです。

経理も会社の一部署であり、他の部署とのスムーズなやり取り・コミュニケーション無くしては迅速で正確な経理の仕事は滞ってしまいます。

働き始めてからでも身に着けられる

こういった周りを理解しようとするコミュニケーション能力は、今は自信がなくても意識して日々の業務に取り組むことで自然と身についていきます。
また、人間関係に苦手意識のある人はコミュニケーション力講座など勉強の機会を持つことで、自信がついてくることもありますし、場数を踏めば成長できます。

自分を常に成長させようという姿勢が大切です。

英語の資格とスキル

英文簿記
英語の資格は経理にさほど必要ではないと言うイメージがありますが、経理を経験した上で英語ができるということは大きな強みになります。

企業が取引や資金調達、運用などを海外に広げている場合などは、IFPS(国際財務報告基準)の知識や英語力が必要になってくるのです。

英語が得意であればBATICなどといった英文会計簿記の資格の取得をおすすめします。

詳しくは「英文簿記会計の資格を取得すれば転職に有利に?!」をご覧ください

これを持っていれば必ず有利になるという資格ではありませんが、持っていれば確実にチャンスは増えるはずですし、面接などでアピールポイントになります。

簿記を取得後に一度受験を検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket