1. ホーム
  2. 経理の仕事について
  3. ≫経理の給料、残業、繁忙期は?

経理の給料、残業、繁忙期は?

Pocket

収入経理職は、企業内のすべてをお金で管理するいわば専門職のようなもの。

それ以前に「会社のお金を扱っている大役を担っているんだからお給料もたくさんもらっているはず!」
といったイメージがあるようです。

実際はどうなのでしょうか?

経理のお給料は良い?

これはもちろん会社によって違います。
ここでは、他の事務職と比べてどうなのかという話をしたいと思います。

事務職と一口に言っても、総務、人事、システム、秘書、営業事務、資材管理など属する職種は多数になります。

こう見ると経理だけが特殊な専門職になるわけではありませんよね。
ですから、「経理職の給料(年収)は突出して特別いいわけではない」というのが現状です。

派遣やパートであっても一般事務や営業事務と時給に大きな差もありません

会社にとってどれだけ必要な存在になるかどうかで変わってくる

新卒でも転職でも新入社員で経理に配属されたとすれば、総務や資材の方と給料はほぼ同じくらいだと思います。

しかし、会社での経験を積み重ねることで真っ白の状態から数字の専門家になっていけば他の事務職の方と差がつけられる可能性は十分あります。

確かに会社にとってなくてはならない存在として経理のエキスパートになってしまえばおのずと給料も変わってくるはずですよね。

そのように、年月と経験の積み重ね、能力を磨けば給料は他の部署よりも多くなる可能性を秘めている職種でもあります。
つまり他の事務職と違うのはエキスパートになってしまえば会社に必要な存在として認められやすいということです。

また、経理の知識をつけていけば転職がしやすくなるという大きなメリットがあります。

経理職って忙しいの?

繁忙期
これももちろん企業によりけりです。

大企業ですと、四半期毎の事業計画に則った経営が出来ているか、収益と費用のバランスを常に要求されます。
こうなると、毎日が現金、帳簿、帳票との格闘です。

銀行の開店前には当日の資金は確保しておかなければならず、閉店前までに支払は完了している事が当たり前、入金されるべき売り上げも期日に確認するのはもちろんの事、その動きを日計という形で必ず毎日1円まで合致しないと帰宅は遅くなります。

経理は多忙だからといって人を多くは配置しませんが、ギリギリの人数で配置するというものでもありません。

経理は機密事項だらけ、社員が一番知りたがる数字を扱っている部署です。
その上、少人数で機密保持をしながら責任の分担を図っています。
このような意味も含めてて、経理は常にやることがたくさんある部署でもあるのです。

経理の仕事内容について

繁忙期や忙しい時間帯は?

1日や1ヶ月で忙しい時間帯と時期

一日の中で一番忙しいのは、銀行の閉店した15:00以降が日々の数字合わせのときです。

月末・月初は現金集計と共に、売掛金、買掛金、仕入れ、売上などの管理集計に加えて、翌月への繰り越し業務で大変残業の多くなる時期です。

経理にとっては月末よりも月初の方が多忙になります。
前月のすべての集計(現金、銀行、各帳簿、各帳票、など)が完了するのは半月後から翌月末近くになります。

この毎月の業務は月次と呼ばれています。

繁忙期はいつ?

この月次よりも一番忙しいのが、決算時期です。

決算は時期は会社によって異なりますが、3月と12月の会社が多いようです。

この時期は月次と同時に年次(決算)業務を行わなければなりません。

当然事前に出来る準備は1、2か月前から始めますが、決算日以降の一月は毎日の業務に月次の業務、決算業務とすべてが重なる忙しさ、猫の手も借りたいほどの毎日を過ごすことになります。

しかし、決算が終了すれば一年が終了した達成感と疲労と共に何とも言えない爽快感を味わえますし、決算終了の打ち上げが待っています。

また、事業計画(予算審議の資料作成)時期にも最も慎重で厳しい資料作成を必要とする業務が存在します。
しかしこれは経理部内の日々の業務で効率よく進めることができれば、スムーズに進めることも可能です。

経理は忙しくても、会社の縁の下の力持ちだということを実感できれば、とてもやりがいのある職場です。

こんな記事も読まれています

Pocket