1. ホーム
  2. 経理の仕事について
  3. ≫経理ってこんな仕事

経理ってこんな仕事

Pocket

そもそも経理の仕事ってどんなことするの?という人も多いと思います。

そんな方に経理のお仕事がどんなものか簡単に解説していきます。

経理の仕事とは

仕事内容の解説簡単にいうと経理は「企業におけるお金の流れを管理する」のが仕事です。

大企業から中小企業、数人の事業主、会計事務所など企業形態によって役割は変わってきますが、大きく分けると

  • 日々の入出金管理(現金・銀行)、売上入金、経費精算など
  • 月単位での費用と収益の集計(月次業務)
  • 半年または一年に一回行う決算業務

が主な業務になります。

毎日のお金の出入り管理を積み上げて一月の集計となり、12ヶ月繰り返される結果がその企業・会社の決算(利益)につながります。
日々の管理が間違いなく行われていないと一月の費用と収益のバランスが崩れ、修正する必要がでてきます。

つまり、経理とは毎日のお金の流れを把握して記録をつけていく仕事なのです。

大手自動車ディーラーに実際に勤務するの松山さん(仮名)の仕事内容

こちらの転職成功体験談に投稿して頂いた松山さん(仮名)が主にしている仕事内容を例として、紹介します。

  • 現金の入出金伝票を起こし、入出金の内容を専用システムに入力する。
  • 現金出納帳の記入。
  • 現金の実際残高を毎日合わせる。
  • 現金を銀行へ振込み入金する。
  • 釣銭用の細かいお金を両替。
  • 取引業者からくる請求書と買掛金の金額チェックをし、ネットバンキングで振込の処理をする。
  • 売掛金が入金になったら消込み処理を専用システムで入力。
  • 月末日にお客様宛及び取引業者宛の請求書を発行し発送。
  • 売掛金及び買掛金の元帳を記入。
  • 会社で買った物などの経費をエクセルで表を作り、消耗品や家賃などの科目ごとに入力をして経費一覧表を作る。
  • エクセルデータは本社に送信。
  • 会議資料を準備する為、経費一覧表と売上表を月末に人数分用意。
  • 毎月、契約をしている税理士さんの監査がある為、必要な資料を前日まで用意。(金庫の中の現金全てと現金元帳、売掛金元帳と買掛金元帳、専用システムで前日までの入力を完了させておくこと)

決算は税理士さんが主にやってくれるので、必要な預金有り高証明書などを銀行から発行してもらい、準備する。

参考:転職エージェントを利用して大企業へ就職した松山さん(仮名)の体験談

これはあくまで一つの例で、会社によって税理士さんにどこまで任せているのか、大企業なら財務や購買など細かく分担が分かれている場合もあり、仕事内容は会社によって大きく異なってきます。

どんな人が向いてる?

経理の仕事をする上で一番大切なのは、正確さと信用と誠実さ

例えば、
「1円現金が合わないからと自分のお財布から立て替えて合わせる…」
これは少額だからとしても絶対にしてはいけないことです。

自分のものか、会社のものかを毅然として区別し正しい処理をしなければなりません。
向いてる性格
ときには他部署に改善提案をすることもあります。そういった時たとえ疎まれたとしても、経理としての態度を崩すことはできないのです。

経理は、事務職の中でもより正確さと信用と誠実さを必要とする部署であり、企業内のすべてをお金で管理する専門職なんです。

ですから、お金の計算が得意なのは確かに必要ですが、几帳面、細かい作業が苦にならない、誠実な仕事ができる人が経理の仕事に向いているでしょう。

経理の会社内でのポジション

会社の大小に関わらず、経理の仕事は「会社の縁の下の力持ち」といわれています。

その点からも重要なポジションであり、お金を管理する専門職といえます。

小さなミスは大きな損失に繋がり、根底を覆しかねない重大な危険と背中合わせとも言える仕事です。

1円の誤差でも見逃してはいけないので、日々の管理が大変重要になってきます。

単純にお金といっても、経理では実際の現金だけを勘定するのではありません。
製造会社ですと、材料の仕入れから完成品の出荷までに会社内で留まっている完成途中の製品価額まで経理の管理になります。
知識

経理の仕事における「お金」とは?

経理職のお金はどんなお金の計算の仕方をするのか?

ちょっと難しい話ですが、とっても大事なことです。

事務用品を購入する場合

社内で使用する事務用品などを購入するとき、その消耗品は社内でどれ位の期間に何個使用されるかが分かっていないと無駄な仕入れをすることになります。
10個あれば1・2ヶ月は足りるものを、まとめて買うと安価だからと100個購入します。在庫は一年近く残り、倉庫の中で保管することになります。
購入した時点で経理処理(支払い)していますから、お金は100個分ありません。半年たって、機械変更で在庫品が使用できなくなりました。
さて、この時に処分した在庫品にかかったお金はどこに行ったのでしょうか。

購入時からお金は在庫品に変わっていますから、残りの在庫品を処分したことで完全にお金は捨てられたことになります。
在庫とは眠っているお金と同じです。廃棄することはお金を捨てることです。
社員一人が移動すればお金は動き、コピー1枚失敗するとお金を無駄にしたことになります。

経理の仕事はこういった細かなお金を意識することです。

こんな記事も読まれています

Pocket