1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫転職活動がうまくいかないのはマイナスな思考で支配されているからかもしれない

転職活動がうまくいかないのはマイナスな思考で支配されているからかもしれない

Pocket

悩む
経理の仕事のみならず、仕事には毎日が楽しいことばかりではありません。

「いつも忙しい」
「責任が集中している」
「思ったよりも給料が安い」
そして自分の大変さを理解してくれない上司、人間関係に不満を持ち始めます。

こういったマイナス思考による転職をする人は多いでしょう。
しかしマイナスの要素ばかりで転職活動をしても不思議とうまくいかないものです。

【良い職場に巡り合うために】求人探しのポイントはこちら

そもそもなぜ経理の仕事がしたいのか考える

当サイトに訪問してくださった方は、もちろん経理職に転職がしたいのだと思いますがなぜ経理の仕事を選んだのでしょうか?

  • 専門性の高い仕事がしたいから
  • 普通の事務職は競争率が高いから
  • 商業高校に通っていたから
などさまざまだと思います。

もちろんこういった理由でも全く構いませんし、こういった動機が普通だと思います。

しかし今の就職難の時代、経理の求人の競争率はとても高いです。

そういった中での採用競争に勝つために、もう一歩踏み込んだ形で「なぜ経理の仕事がしたいのか」ということを改めて考えてみてほしいのです。

ライバルとの差別化を図る

たとえ簿記1級を持っていても資格は人事担当者からすると、必ずしも大きな武器になるとは限らないのです。

「経理の仕事がしたい」だけでなく

「経理の仕事をして最終的には自分はどうなりたいのか」
「会社にどんな利益をもたらすことができるのか」

ということをアピールしなくてはなりません。

そのアピールによって採用担当者に

  • この人はどんなヴィジョンを持って働いていこうと思っているのか
  • この人を採用するとどんなメリットがあるのか
ということを想像させることが大切です。

たとえマイナス要素で前職を退職したとしても、そのことよりも「次どうしたいか」「将来どうしたいか」ということを大きく主張していかなくてはなりません。

この辺をきちんと頭の中や紙に書きだして整理してから転職活動をしたほうが不思議とすべてがスムーズに進みます。

もう一度自分の気持ちを確認してみましょう。

Pocket