1. ホーム
  2. 経理の勉強
  3. ≫簿記の資格【独学orスクール】どう勉強するのが近道?

簿記の資格【独学orスクール】どう勉強するのが近道?

Pocket

簿記の勉強をしよう

経理の資格として一般的に言われているのが「簿記」になります。

では、簿記の資格を取るためにはどのように勉強したらいいのでしょうか。

簿記の資格には主催者によって下記の3種類あります。

簿記の資格の種類

日商簿記 1級~4級 日本商工会議所
日経簿記 1級~4級 日本経理教育協会
全商簿記 1級~3級 日本商業高校協会

この3種類のうち、一番知名度が合って就職に有利なのは「日商簿記」です。

独学で資格取得する方法と専門スクールに通って取得する方法がありますが、両方ともに一長一短があります。

独学と専門スクールどちらが良い?

独学で勉強する場合

費用を安価に抑えて、短期間に資格取得を希望する方で集中して頑張れる努力型の人に向いているでしょう。

コツコツ努力する人は経理の職に向いているともいえます。

しかし、独学はすでに経理とは何かが少しなりとも理解している方には十分できるでしょうが、会社のお金の流れも分からず収支も分かっていないと専門用語からつまづくことになります。

独学するには、まず基本となる会社のお金の流れから理解していきます。

勉強の仕方

テキストと問題集を購入して、まずは3級の取得を目指すのがおすすめです。
もちろん不安であれば4級からでもいいと思います。

いきなり2級からの資格取得はお薦めできません。
基礎をしっかり勉強することで次へのステップアップが出来て、2級、1級の資格取得が可能となります。

独学は、自らにどれだけ負荷をかけて努力できるかが資格取得の鍵となります。

スクールに通う

専門スクールに通って資格を取る方法のメリットはやっぱり合格率が高くなります。

わからないことをその場で直接に教えてもらえるのが一番の利点であり、試験日に向けて計画的に指導が行われますから合格率は高くなります。

しかし、スクールに通うには時間とお金が必要であり、会社勤務をしながら夜間や休日にスクールに通う事も強い努力と意思が必要になります。

 

資格を取得してからが勉強のはじまり

経理は日々の小さな仕事の積み重ねです。

簿記の資格を取ることも日々の努力の積み重ねといえます。

また、簿記の資格を持っているからと言って必ずしも経理の仕事に向いているとは言えません。

簿記の資格を取得してからこそが、戦力としての経理の勉強開始となるのです。

Pocket